*

【Dream Theater】2nd:Images & Words(93点)

61rzm599SJL._SL500_AA300_

曲目

1.Pull Me Under
2.Another Day
3.Take the Time
4.Surrounded
5.Metropolis, Pt. I: The Miracle and the Sleeper
6.Under a Glass Moon
7.Wait for Sleep
8.Learning to Live

レビュー

1992年に発表されたアメリカプログレッシブメタルバンド:Dream Theaterの2nd。

2代目ボーカル:ジェイムズ・ラブリエを迎えた今作は彼らを一躍有名にした出世作であり、多くに人から最高傑作と評される名作だ。

それ以降の彼らのサウンドを知っている身からすれば、難解すぎない程よいプログレッシブさがまず耳に心地よい。そして何と言ってもメロディの質の高さが彼らのアルバムの中でも段違いに素晴らしい。どの曲がおすすめだと言われると非常に難しい。全曲が素晴らしいのだから。

強いて一番好きな曲を上げるとすれば僕は④だ。曲の途中でジョン・ペトルーシのギターが一気に昇華する④は聞いていると胸をかきむしる思いに駆られる素晴らしい曲だ。

又、⑤は後編としてこちらも名盤5th:Metropolis Pt. 2 : Scenes From A Memoryという形で後編が作られる。この作品も前編に渡って泣きメロが配置された完璧なコンセプトアルバムになっていて、⑤が気に入った人は即買いして良いだろう。

Dream Theaterの他の作品を聞いて「難解であまり好きじゃない。曲なげーよ!」って思ったあなたは、今作を聞いてから彼らの評価をしてみても遅くはないはず!

スポンサー リンク

スポンサー リンク

コメント/トラックバック (1件)

トラックバック用URL:

コメントフィード

  1. […] プログレッシブメタルバンドで最も有名なバンドはやはりDream Theaterだろう。 彼らは優れた作品を何枚も生み出しているが、このImages & Wordsは初期の名作だ。Dream Theaterにしては短い曲が並び、それでいてキャッチーで聞きごたえがある。 無駄に曲が長けりゃいいもんじゃねぇ!って事が良くわかるプログレメタルの名作。 【Dream Theater】2nd:Images & Words(93点) […]




管理人にのみ公開されます

PAGE TOP ↑