*

【Nevermore】7th:The Obsidian Conspiracy(95点)

51fp-kIOlQL._SL500_AA300_

曲目

1.The Termination Proclamation
2.Your Poison Throne
3.Moonrise (Through Mirrors of Death)
4.And the Maiden Spoke
5.Emptiness Unobstructed
6.The Blue Marble and the New Soul
7.Without Morals
8.The Day You Built the Wall
9.She Comes in Colors
10.The Obsidian Conspiracy
11.Temptation” (The Tea Party cover)
12.Crystal Ship” (The Doors cover)
13.The Purist’s Drug

レビュー

アメリカのヘヴィメタルバンドNevermoreによる5年ぶり2010年発表の7thアルバム。

あのArch Enemyマイケル・アモット(g)が「ねじれたメロディの金脈」と褒め称え、弟クリストファー・アモット脱退時に後任ギタリストとして誘った名手ジェフ・ルーミス(g)が在籍するバンドだ。

個人的には前作This Godless Endeavorが抜群の出来で、さすがにアレを超えるのは無理かと感じていたが見事に同クオリティの素晴らしい傑作を作り上げてくれている。

あまりアメリカのバンドらしくない感覚を覚える一癖二癖あるメロディと、攻撃力抜群の突進力。そしてバンドの個性を大きく押し上げるのはウォーレル・デインのヴォーカル。狂気的であり、エモーショナルであり、下手ウマで、本当に個性的で最高。

エクストリームメタル界はもちろん、メタル界全体を見渡しても同じようなバンドはいない唯一無二のバンド。もうコレはジャンル「Nevermore」と言っても過言ではない。

尚、今作発表後の2011年にジェフ・ルーミスが脱退。現在ウォーレル・デインジム・シェパード(b)しか在籍しておらず、活動が続けられるのか本当に心配。めちゃ良いバンドなだけにね。

The Obsidian Conspiracy

1,500円
(2013.09.18時点)

 iTunes で見る

posted with ポチレバ
スポンサー リンク

スポンサー リンク

2013/04/29 | へヴィメタル

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントフィード




管理人にのみ公開されます

PAGE TOP ↑