*

【Royal Hunt】9th:Collision Course… Paradox 2(87点)

51fINOR9I2L._SL500_AA300_

曲目

1.Principles of Paradox
2.The First Rock
3.Exit Wound
4.Divide and Reign
5.High Noon at the Battlefield
6.The Clan
7.Blood In Blood Out
8.Tears of the Sun
9.Hostile Breed
10.Chaos A.C.

レビュー

かの最強ボーカリスト、ジョン・ウェストが脱退し、新たにこれまた最強ボーカリスト、マーク・ボールズを迎えた2008年発表作。

それにしてもこのRoyal Huntの歴代ボーカルは

初代:ヘンリック・ブロックマン
2代目:D. C. クーパー
3代目:ジョン・ウェスト
4代目:マーク・ボールズ ←今作!
5代目:またもD. C. クーパー

っとどいつもこいつもウマすぎるボーカルばかり。まぁそうでないとアンドレ・アンダーソン(key)の作り上げる濃厚な様式美プログレメタルを歌いこなせないのかもしれない。

今作は名作4th:Paradoxの続きとなるコンセプトアルバム。結果的に全体の荘厳なるオーラ、綿密な作り込みなど4th:Paradoxの方が上だと個人的に思うが、今作も中々に秀作。

メロディックなコーラスなども相まって、どちらかというと4th:Paradoxよりも聴きやすい印象を持つ。そしてマーク・ボールズのボーカルは確かに激ウマ!なのだけどこの淡々と歌い上げる(というより上げてしまう?)歌唱は少しだけ気に食わず、やはり僕はジョン・ウェストの方が好きだった。

まぁその自分の色に染め上げない歌唱方法がマーク・ボールズの良さで、イングヴェイ・マルムスティーン辺りが気に入る要因の1つなのかもしれない。

しかし間違いなく高クオリティ作品なので濃厚な様式美プログレメタルがやっぱ好きだぜって方は是非。

スポンサー リンク

スポンサー リンク

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントフィード




管理人にのみ公開されます

PAGE TOP ↑