*

【Therion】10th:Gothic Kabbalah(88点)

51oCpF7BMjL._SL500_AA300_

曲目

Disc one
1.Der Mitternachtslöwe
2.Gothic Kabbalah
3.The Perennial Sophia
4.Wisdom and the Cage
5.Son of the Staves of Time
6.Tuna 1613
7.Trul
8.Close Up the Streams

Disc two
1.The Wand of Abaris
2.Three Treasures
3.Path to Arcady
4.TOF – The Trinity
5.Chain of Minerva
6.The Falling Stone
7.Adulruna Rediviva

レビュー

スウェーデンのTherionによる2007年発表の10thアルバム。

デビュー当初はデスメタルバンドだった彼らだが、途中から音楽性をシフトチェンジしていきシンフォニックメタル要素を取り入れ、今作でもかなりの数のミュージシャンを導入して、荘厳で神々しい、独特のシンフォニックメタルを披露してくれている。もはやデスメタルの要素は皆無でございます。

前作「Lemuria/Sirius B」は確かに荘厳で素晴らしい音楽ではあったのだが、キャッチーさに欠け、僕のなかでは割りと印象が薄い。

しかし、今作「Gothic Kabbalah」はかなり良い!いつものシンフォニックメタルに民族音楽的な要素を取り入れ、さらにメタル度が増しキャッチーに聴きやすくなった。

複数ミュージシャンによる濃厚なコーラスだけに頼る事なく、フックを効かせたメロディの良さで勝負している。

特にDisc oneのタイトルナンバー②は最高のシンフォニックメタルで心踊りまくる名曲!

重圧で、濃厚で、荘厳で、しかしながら敷居は高くなく、メタル的なGood!なアルバム。是非聞いてみてくださいな。

Gothic Kabbalah

3,000円
(2013.09.18時点)

 iTunes で見る

posted with ポチレバ
スポンサー リンク

スポンサー リンク

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントフィード




管理人にのみ公開されます

PAGE TOP ↑