*

【Royal Hunt】5th:Fear(85点)

513f5nOAEeL._SL500_AA300_

曲目

1.Fear
2.Faces of War
3.Cold City Lights
4.Lies
5.Follow Me
6.Voices
7.Sea of Time

レビュー

デンマークRoyal Huntの5枚目となるスタジオ・アルバム。1999年作。

前作Paradoxが完璧に統制のとれた素晴らしいコンセプトアルバムで、Royal Huntもこのまま突っ走るのかぁぁ!!と思われたが、リーダーであるアンドレ・アンダーセン(key)が、D. C. クーパー(vo)を解雇。

その変わりに加入したのが、ソウルフルでエモーショナル、音域もめちゃ広の最強ボーカルであるジョン・ウエストだったんだから、そりゃ僕もテンション上がりますよ。

アルバムの音楽性はParadoxを引き継ぐ様な大作が締め、特に今作はシンフォニックなアレンジが多い様に感じる。ミドルテンポな曲が長く続く為、聞き手はある程度の集中力を必要とするかもしれない。③はこのアルバムの中でかなりキャッチーな曲。

しかしながらジョンのボーカルが、アンドレの作る荘厳な曲に、さらに深みを与えている。やはりコイツはウマすぎるし、そのソウルフルな味付けが他のボーカルと完全な差別化を図っている。

ジョン時代のRoyal Huntでは地味なアルバムかもしれないけど、良作である事に間違いはなし!

スポンサー リンク

スポンサー リンク

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントフィード




管理人にのみ公開されます

PAGE TOP ↑