*

【Stratovarius】13th:Elysium(87点)

61OBnwI6NFL._SL500_AA300_

曲目

1.Darkest Hours
2.Under Flaming Skies
3.Infernal Maze”
4.Fairness Justified
5.The Game Never Ends
6.Lifetime in a Moment
7.Move the Mountain
8.Event Horizon
9.Elysium

レビュー

フィンランドはStratovariusによる13枚目となるスタジオアルバム。2011年発表作。

前作より絶対的リーダーティモ・トルキ(g)が脱退し、若いながらもシベリウス・アカデミーにて音楽理論と音楽技術を学んだマティアス・クピアイネン(g)が加入。全メンバーでPolarisという傑作を作り上げたStratovarius。

今作はこの新メンバーマティアスが中心となって曲を作り上げた意欲ある傑作といえると僕は思う。

トルキの曲作りは個人的に1枚聴き通すと似たり寄ったりだったり捨て曲があったり、1枚じっくり聴き通すというよりも好きな曲をかい摘んで聞く形だった。

しかしながら今作Elysiumはやはり明らかにトルキ時代とは違うStratovariusを見せつけてくれていて、非常に個人的には好みだ。

トルキ時代よりも曲の構成はプログレッシブ寄りになっているが構成は見事で、クラシカルであり、シンフォニックであり、それでいて耳に残るキャッチーなメロディは豊富にあり聴き手は飽きる事がない。

というよりもあくまで個人的にはトルキの作り上げる曲よりも、展開展開が楽しくてクオリティが高い様に感じてしまう。

ティモ・コティペルト(vo)の歌唱も無理しすぎる事なく歌い上げるハイトーンは非常に耳に心地よい。

若きギタリストながらこの歴史あるStratovariusを背負って立つ、マティアス・クピアイネン

こいつぁー結構凄い。

Elysium

1,500円
(2013.09.19時点)

 iTunes で見る

posted with ポチレバ
スポンサー リンク

スポンサー リンク

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントフィード




管理人にのみ公開されます

PAGE TOP ↑