*

【Kamelot】9th:Poetry for the Poisoned(85点)

61xlsCt0SlL._SL500_AA300_

曲目

1.The Great Pandemonium
2.If Tomorrow Came
3.Dear Editor
4.The Zodiac
5.Hunter’s Season
6.House on a Hill
7.Necropolis
8.My Train of Thoughts
9.Seal of Woven Years
10.Poetry for the Poisoned, Pt. I: Incubus
11.Poetry for the Poisoned, Pt. II: So Long
12.Poetry for the Poisoned, Pt. III: All Is Over
13.Poetry for the Poisoned, Pt. IV: Dissection
14.Once upon a Time

レビュー

アメリカKamelotの2010年発表の9thアルバム。

ロイ・カーン(vo)が加入した4th:The 4th Legacyから、ノリに乗っていて個人的には7th:The Black Haloは彼らの最高傑作で、その濃厚、濃密な構築美に満ちたメロディックメタルをこれでもかと聞かせてくれた。

続く8th:Ghost Operaが一気に肩透かしをくらった印象で曲1つ1つもそこまでだったし、何より彼らの持ち味である濃厚なメタルが至ってたんぱくになってしまった。

続くこのPoetry for the Poisonedで盛り返す必要があったわけだけど、今作はなんだかんだで結構な良作。いつも通りの濃厚な曲作りの上にカーンのエロ上手い歌唱がどっぷりと乗った胃もたれを起こしかねない濃厚なメロディックメタルだ。

8th:Ghost Operaの音楽の延長上とか人によっては言うけど、はっきりいって4th:The 4th LegacyからKamelotの音楽性は基本的に何も変わってない気が僕はするけど。

だからこそ8th:Ghost Operaはたんぱくさも相まって食傷気味でした。

まぁそれが良い点でも悪い点でもあって、そろそろ何か新しい要素を追加せんといかんと感じていたら、なんと今作でカーンが燃え尽き症候群によって脱退・・・・。新しい要素入れすぎやろ・・・。

Poetry For The Poisoned

1,500円
(2013.09.20時点)
posted with ポチレバ
スポンサー リンク

スポンサー リンク

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントフィード




管理人にのみ公開されます

PAGE TOP ↑